お知らせ

お知らせ(2014年)

2014年10月

共同研究成果のご報告

エンドトキシンによるカブトガニC因子の活性化機構に関する、当社と九州大学との共同研究成果が、雑誌 The Journal of Biological Chemistry (ザ・ジャーナル・オブ・バイオロジカル ケミストリー)に掲載されました。

タイトル

The N-terminal Arg residue is essential for autocatalytic activation of a lipopolysaccharide-responsive protease zymogen

リンク

http://www.jbc.org/content/early/2014/07/30/jbc.M114.586933