技術情報

透析液水質管理

透析医療現場における高性能膜の普及やHDF の施行に伴い、透析液の清浄化が重要視されています。

近年、透析に用いられる高性能膜の逆濾過、逆浸透に伴い透析液中のエンドトキシンが血中に移行する危険性が明らかにされてきました。
また、透析時に極めて微量のエンドトキシンによって繰り返される慢性的なサイトカインの誘導が、透析アミロイド症などの長期透析合併症に関与する可能性も報告されています。
これらに基づき、ISO、日本透析医学会、日本臨床工学技士会などから、透析用水や各種透析液の清浄化の指標の一つとして、エンドトキシン管理基準や測定法に関しての指針が報告され、より厳しい水質管理が求められています。

生化学工業は透析液中エンドトキシン測定に必要な試薬をはじめ、測定用機器、安定化剤入り透析液採取管を含む器具類まで幅広いラインナップで、エンドトキシン測定を通じ、透析液の清浄化をサポートしています。

  • 技術情報

    透析液水質基準、透析ラインからのエンドトキシンサンプル採取ポイント、サンプルの採取法、検出限界値など

  • プロトコール

    エンドトキシン測定用試薬・機器の特徴、少数検体測定の流れ、多検体同時測定の流れ

  • 用途別必要品一覧

    少数検体測定用に必要な機器・試薬、多検体測定用に必要な機器・試薬