Web_エンドトキシン測定用試薬_4th
10/84

OVERVIEW OF■エンドトキシン試験:各種方法とライセートの選択エンドトキシン試験法には、エンドトキシンの作用によるライセート試液のゲル形成を指標とするゲル化法および光学的変化を指標とする光学的定量法があります。光学的定量法には、合成基質の加水分解による発色を指標とする比色法とライセート試液のゲル化過程における濁度変化を指標とする比濁法があります。■エンドトキシン試験を行う際には、以下の内容を考慮して、ライセート試薬を選択してください。◇規制等はありますか? ◇どんな種類の試料を試験しますか? ◇どの程度の試験感度が必要ですか?◇データは電磁的記録が必要ですか? ◇試験の頻度や試料数はどのくらいですか?●エンドトキシン試験法エンドトキシンの存在によるライセート試液のゲル化反応に基づいて、エンドトキシンを検出します。本法は、加温後、試験管を180°転倒して肉眼判定します。PyrotellTM シリーズの最高感度は0.03EU/mLです。比色法:エンドトキシンにより活性化された酵素による合成基質の加水分解によって生じる発色をマイクロプレートリーダーあるいはチューブリーダーを用いて測定します。PYROCHROMETM を使用した場合の最高感度は0.001EU/mLです。光学的定量法ゲル化法比濁法:ゲル化反応に伴って増加する光学密度(濁度)を加温装置付きマイクロプレートリーダーを用いて測定します。PyrotellTM -Tとウェルリーダーアドバンスを使用した場合の最高感度は0.005EU/mLです。■PYROCHROMETM最高感度:0.001 EU/mLFDA認可品:U.S. Licence No. 700■エンドスペシーⓇ ES-50Mセットマルチテスト■PyrotellTM マルチテスト感度:0.03, 0.06, 0.125 EU/mLFDA認可品:U.S. Licence No. 700マルチテスト■PyrotellTM -T最高感度:0.001 EU/mL(チューブリーダー)0.005 EU/mL(プレートリーダー)FDA認可品:U.S. Licence No. 700マルチテスト■エンドスペシーⓇ ES-24Sセットシングルテスト■PyrotellTM シングルテスト感度:0.03, 0.06, 0.125 EU/mLFDA認可品:U.S. Licence No. 700シングルテストENDOTOXIN TEST05

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る