Web_エンドトキシン測定用試薬_4th
17/84

Recombinant Reagents|Colorimetric Methodエンドトキシン試験法には、ゲル化法、比濁法および比色法の3法があります。いずれの方法も、エンドトキシンがカブトガニの血球抽出成分(ライセート)を活性化し、ゲル化を引き起こす反応に基づいています。パイロスマートⓇ RS-50Mセットは、ライセートの構成因子であるC因子、B因子および凝固酵素前駆体の3つの組換えタンパク質からなる世界初のエンドトキシン比色測定試薬です。PyroSmart® RS-50M SET組換え技術を用いたエンドトキシン比色測定試薬12

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る