Web_エンドトキシン測定用試薬_4th
57/84

Instrumentation and Software干渉フィルタ供給フィルタ光源測光方式読み取り範囲直線範囲測光正確さ測光繰り返し精度受光素子温度測定範囲温度制御精度攪拌対応プレート測定モード通信ポートソフトウェア動作環境設置環境外形寸法電源電圧消費電力重量標準装備:405nm、492nm  最大6枚収容545nm、630nm、660nmタングステンハロゲンランプダブルビーム方式0.000~3.000Abs0.000~2.000Abs±7%±7%±0.005Absまたは2%シリコンフォトダイオード室温+10℃~45℃37±0.5℃(設定温度:37℃、環境温度:25℃)レシプロ式、時間/強度可変96ウェルマイクロプレート(平底)エンドポイントカイネティック ¡反応速度法(Rate法) ¡反応時間法(Delta-T法)RS-232C専用ソフトウェア標準装備日本語版 WindowsⓇ 10RS-232C(D-Sub9ピン)10~30℃、RH 70%以下(但し、結露しないこと)W283 × D398 × H218mmAC 100V 50/60Hz最大180W約14.5kg*予告なしに仕様、デザイン等を変更する場合があります。推奨スペックOSポートCDドライブ日本語版 WindowsⓇ 10RS-232Cシリアルポート(D-Sub9ピン)ソフトインストール用◆比色法/比濁法に対応比色法および比濁法によるエンドトキシン試験に対応し、三極局方に準拠したエンドトキシン試験が可能です。◆多検体同時測定96ウェルマイクロプレートを用いることにより、短時間で多検体同時測定が可能です。◆専用ソフトウェアウェルリーダーアドバンス専用ソフトにより、検体とライセート試薬のミキシングから、加温、測定、測定結果の算出まで、すべて自動的に実施します。◆高い拡張性液体ハンドリングロボットとのインテグレーションにより、エンドトキシン試験の全自動化が可能です。◆幅広い用途に適応しています。 ◇医薬品・医療機器等の工程管理、品質管理 ◇製薬用水のエンドトキシン管理 ◇培養液等のエンドトキシン測定 ◇透析液中エンドトキシンの測定◆使用用途ウェルリーダーアドバンスを制御するためには、別途 WindowsⓇ 搭載のパソコンが必要です。◆制御用パソコンについて◆特 長◆仕 様*Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標です。52

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る