製品情報

LAL試薬(ライセート試薬、リムルス試薬)

020130

Toxicolor LS-50M Set
トキシカラーLS-50Mセット

ライセート試薬 比色法 C+G因子系ライセート マルチテスト マイクロプレート法
製品の写真
包装 価格(円) メーカー 保存温度
50tests 21,000 SK 4℃

製品情報・解説

エンドトキシン試験法は、グラム陰性菌由来のエンドトキシン(以下、Etと略記)がカブトガニ(Limulus polyphemus等)の血球抽出成分LAL(Limulus Amebocyte Lysate)を活性化し、ゲル化を引き起こす反応に基づいています。
この反応は逐次的な酵素反応によって起こることから、酵素による合成基質の加水分解により生じる発色を指標とした比色法が開発されました。
トキシカラー(R) LS-50Mセットは、比色法によるエンドトキシン定量のための試薬セットで、Limulus polyphemusから調製したライセートと発色合成基質(Boc-Leu-Gly-Arg-pNA)を構成成分としたLAL試薬、LAL試薬溶解用の緩衝液および蒸留水(Et, β-グルカンフリー)より構成されています。
トキシカラー(R) LS-50Mセットは、エンドトキシンに反応するC因子系と(1→3)-β-D-グルカンに反応するG因子系を有しますが、検体中に(1→3)-β-D-グルカン構造を有する偽陽性物質が含まれないことが確認された場合や偽陽性物質の存在が問題とされない場合は、本セットの使用をお勧めします。
[特徴]

・日本薬局方エンドトキシン試験法に準拠した測定が可能です。
・エンドトキシンの高感度測定ができます。
・マイクロプレートを用いたカイネティック-比色法とエンドポイント-比色法のいずれの測定法にも使用できます。
・多検体測定に便利なマルチタイプ包装となっています。
[標準操作法によるブランク値および定量範囲]
(標準操作法における反応温度は37℃、反応時間は30分です。)

・ブランク値
    ・カイネティック-比色法:吸光度変化率 1.00mAbs/min以下
    ・エンドポイント-比色法:吸光度 0.100mAbs以下
・定量範囲(実数目盛法による測定法)
    ・カイネティック-比色法:0.002〜0.1EU/mL
    ・エンドポイント-比色法:0.002〜0.1EU/mL
[セット内容]
構成試薬 容量 本数
(3) 緩衝液 2.8mL 1本
(4) LAL試薬 1本
(5) 蒸留水(Et, β-グルカンフリー) 2.8mL 1本
[保存・有効期限]
・保存:2〜8℃、遮光保存(禁・凍結)
・有効期限:外箱に記載
Update:2018/3/30