技術情報

エンドトキシン測定システム

ウェルリーダーアドバンス

液体ハンドリングロボットとのインテグレーションにより、エンドトキシン試験の全自動測定を実現します。

ウェルリーダーアドバンスは、多検体同時測定に最適なマイクロプレート法を用いたエンドトキシン測定システムです。
本システムは、比色法および比濁法によるエンドトキシン試験に対応しています。また、液体ハンドリングロボットとのインテグレーションにより、エンドトキシン試験の全自動化を可能とします。


特長
  • 比色法/比濁法に対応
    比色法および比濁法によるエンドトキシン試験に対応し、三極局方に準拠したエンドトキシン試験が可能です。
  • 多検体同時測定
    96ウェルマイクロプレートを用いることにより、短時間で多検体同時測定が可能です。
  • 専用ソフトウエア
    ウェルリーダーアドバンス専用ソフトにより、検体とライセート試薬のミキシングから、加温、測定、測定結果の算出まで、すべて自動的に実施します。
  • 高い拡張性
    液体ハンドリングロボットとのインテグレーションにより、エンドトキシン試験の全自動化が可能です。
用途
  • 医薬品・医療機器等の工程管理、出荷判定試験
  • 培養液等のエンドトキシン測定
  • 透析液中エンドトキシン測定