技術情報

エンドトキシン測定システム

プロトコール

エンドスペシー(R) ES-24Sセット/EGリーダーSV-12を用いた測定~少数検体測定~

エンドスペシー(R) ES-24Sセット特徴
  • 測定に必要な本数だけ使用できるシングルタイプの試薬および機器
  • 比色法試薬で(1→3)-β-D-グルカンと反応することなく、エンドトキシンにのみ特異的に反応
  • 30分で、0.001EU/mL(1EU/L)と高感度の測定が可能
  • 日本HDF研究会「透析液エンドトキシン測定に関するバリデーション指針(草案)」適合
  • 透析液中エンドトキシン測定専用の日本語版ソフトをご用意
必要な試薬および機器
  品名 備考
試薬 020170 エンドスペシー(R) ES-24S ライセート試薬
010020 コントロールスタンダードエンドトキシン(パイロクロム用) 標準品
010290 LRW エンドトキシン試験用水
機器 900630 EGリーダー SV-12 測定機器
器具 900517 トキシペットサンプラー1000 マイクロピペット
900516 トキシペットサンプラー200
消耗品 900545 トキシペットチップ1000 エンドトキシンフリーチップ
900540 トキシペットチップ200
800807 乾熱滅菌アルミキャップ ES-24Sバイアル用キャップ
800804 乾熱滅菌アルミ箔 試薬瓶開封後カバー
800826 HDチューブ 透析液保存チューブ
800798 乾熱滅菌試験管(11.6×65mm) エンドトキシン試験用ガラス試験管(アルミキャップ付)

測定の流れ

機器の準備

EGリーダーSV-12にパソコンを接続し、電源を入れる。
EGリーダーSV-12ソフトウェアを起動する。

ウォームアップ(15分間)

ウェルパターン“Pattern”
測定条件“Parameter”を設定する。

試薬の調製

標準品バイアルを開封し、LRWで溶解、攪拌する。
LRWで希釈し、標準溶液を調製する。

エンドスペシー(R) ES-24Sセットの試薬バイアルを必要数開封し、乾熱 滅菌アルミキャップをかぶせる。

機器のベース補正

EGリーダーSV-12を遮光板で覆い、ベース補正する。

測定待機

測定開始アイコンをクリックし、測定待機状態にする。

試料溶液等の添加

緩衝液を添加したES-24S試薬バイアルに、試料溶液0.2mL加え、攪拌す る。(標準品、ブランクも同様)

測定

ES-24S試薬バイアルにアルミキャップをかぶせ、EGリーダーSV-12の所 定のウェルに挿入する。

ES-24S試薬バイアルをセットしたウェルから、37℃、30分間の測定が開 始される。最終バイアル挿入後、30分経過すると反応が終了する。

測定終了後、測定結果を保存する。


SV-12を用いた測定マニュアルはこちら [PDF:476KB]