技術情報

透析液水質管理

プロトコール

少数検体測定の流れ

エンドスペシー(R) ES-24S・EGリーダーSV-12 を用いた測定
特徴
  • 測定に必要な本数だけ使用できるシングルタイプの比色法試薬および機器
    ・EG リーダーSV-12
    ・エンドスペシー(R) ES-24S セット
  • 測定時間:30 分
  • 検出限界:0.001EU/mL(1EU/L)
測定の流れ
I. EG リーダーSV-12:ウォームアップ

1. EG リーダーSV-12 本体にパソコンを接続し、電源を入れます。
2. パソコン画面上のEG リーダーSV-12 ソフトアイコンをクリックします。
3. 15分間のウォームアップが自動的に始まります。
ウォームアップ終了後、測定を行ってください。
(温度表示部が37.0 であることを確認してください)

II. 測定準備

4. EG リーダーSV-12 の設定を行います(既存ファイルを開き、適宜設定することも可能です)。
 ・バイアルパターン
 ・標準液の濃度
5. EG リーダーSV-12 のアルミブロックを遮光板で覆い、ベース補正を行います。
 * ベース補正は試薬バイアルをセットせずに行ってください。
6. 測定開始アイコンをクリックします。カブトガニアイコンが回転して、測定待機状態になります。
7. 必要数のエンドスペシー(R) ES-24S のLAL 試薬バイアルを開封し、乾熱滅菌アルミキャップを被せます。
8. 標準品のバイアルに添付の蒸留水1 本全量を添加し、アルミ箔を被せ試験管ミキサーで少なくとも1分間攪拌して標準液を調製します。
 * 標準液の濃度は試薬バイアル記載の濃度となります。

III. 測定・結果確認

9. 必要数のLAL 試薬バイアルのすべてに緩衝液200μL を添加し、アルミキャップを被せ、試験管ミキサーで2 秒程度攪拌し溶解します。
 * 緩衝液で溶解後は、速やかに10、11 の操作を行ってください。
10. LAL試薬バイアルにブランク液(蒸留水、St1)200μL を添加し、アルミキャップを被せ、試験管ミキサーで2 秒程度攪拌します。
11. LAL 試薬バイアルをEG リーダーSV-12 の所定のウェルに挿入します。バイアルをセットしたウェルから自動的に37℃、30 分で測定が始まります。
12. 標準液(St2)、検体についても10、11 と同様の作業を繰り返します。
13. 測定終了後は測定結果アイコンをクリックすると、測定結果が表示されます。

SV-12を用いた測定マニュアル

SV-12を用いた測定マニュアル [PDF:476KB]

必要な機器、試薬

必要な機器、試薬